©kato ikumi all rights reserved 禁転載

どうぶつ帖

ephemera note 02

写真・文・装幀/​加藤郁美

発行/倉敷意匠計画室


 

刊行/2010/04/26

判型/四六判正寸

総頁/33ページ

定価/本体1200円+税

内容→

全頁プレヴュー→

 

倉敷意匠 web shop→

これまであつめてきたオールド・シュタイフや
キュンストラーシュッツのどうぶつから選んだモフモフ写真集です。
熟練の職人たちにしっかりと作られて、
子どもたちに愛され、子どもたちを支えてきたどうぶつたちの、
つぶらな瞳、ちょっとしたしぐさ、
そして子どもにたくさんキスされたのか、すりきれた口元などなど。
大切に思い大切に思われたことが形になってのこったような
どうぶつたちの姿をお楽しみください。

これがマイ・ファースト・オールド・シュタイフ、1950年代に作られた
カエルの「フロッギー」です。
はじめて手にしたときのおどろきはちょっと忘れられません。
「うぉー、なんじゃこりゃぁぁぁあ」的叫びがでました。
ちょうど手にのるくらいの大きさですが、
職人の技でギュツと縫い締められて、ぺったりした足指とか、
びみょーにもりあがった鼻さきとか、とにかくもう、造形がえもいえずリアルです。
わざとらしい可愛いさは微塵もないのに、見ればみるほど心にしみる、この穏やかな愛らしさ。

いらい、じぶんの手の届く範囲であつめてきた、1950年代のシュタイフ社のぬいぐるみや、
1984年にその歴史をとじたキュンストラーシュッツ社のどうぶつオーナメントの写真集です。