©kato ikumi all rights reserved 禁転載

なつかしい昭和の豆タイルを作っていた町に出合いました。

 

タイル産地・笠原町の人々が昭和タイルを蒐集していた木造校舎のようなモザイク浪漫館の写真をひとめ見て、4日後に友人と夜行バスで笠原町に向かっていました。
笠原町モザイクタイルの魅力と、23歳で美濃焼きモザイクタイルの創製に成功した山内逸三青年の物語、タイルの建物を守ってきた人びととの出合いが、ぎうぎう詰まった一冊です。
2016年6月に藤森照信先生設計のユニークな姿で建設された多治見市モザイクタイルミュージアムへもぜひ!

多治見市モザイクタイルミュージアム

公式ホームページ→

にっぽんのかわいいタイル

昭和レトロ・モザイクタイル篇 

 

写真・文/​加藤郁美

発行/国書刊行会

装幀/有山達也+岩渕恵子

刊行/2016/6/10

判型/四六判

総頁/254ページ

定価/本体2200円+税

内容→

もくじ→

全頁プレヴュー→

本と博物館の予告編展→

​amazon